This is 水谷雅信's Typepad Profile.
Join Typepad and start following 水谷雅信's activity
Join Now!
Already a member? Sign In
水谷雅信
岐阜県多治見市
多治見市の水谷心療内科院長
Recent Activity
最近、この多治見市のような町でも、接客業でモンスター客に困らされている心身を病んでいる人が多い。接客... Continue reading
この本に惹かれたのは、患者さんの語りや笑顔でもあったが、 本の題名にも惹かれたのだった。 「あした死... Continue reading
この本は、患者さんから教えていただいた。 一時は辛い状況にあったけれどずいぶん回復してきた患者さんが... Continue reading
わが国で労働者の精神衛生の重要性が説かれ始めてから、 ずいぶん経ったと思う。 今や、産業医と精神科主... Continue reading
今、「ポケモンゴー」というゲームが大ブームになっている。 麻生太郎大臣は「ポケモンゴー」につき、 「... Continue reading
「人生には歌がある」と俗に言われる。 人間、長く生きていれば楽しい時期、辛い時期があるが、 その時期... Continue reading
最近、薬の値段、薬価が高すぎる。 患者さんもそう感じている。 この時代、人は世界中を行き来しているの... Continue reading
最近、政治家や芸能人の「スキャンダル」のニュースが 相次いでいる。 その「スキャンダル」の内容を見て... Continue reading
<メルマガより> 社交不安障害(social anxiety disorder、略してSAD)という... Continue reading
この本には、やたらカネに関わる話が出てくる。生々しい具体的な金額も頻出する。ギャンブルの話だから当た... Continue reading
毎年正月になると人生を見直し、生き方を考える人も多いと思う。私もその一人だ。最近の日本人の生き方につ... Continue reading
映画『スター・ウォーズ』の新作が話題になっている。私は初期三部作しか見ていないので新作を論評すること... Continue reading
この人間社会における「いじめ」の病理、特に被害者の心理と集団力動について書かれた論文として、私が一推... Continue reading
「カジノ法案」が議論されている。いったい、カジノを含め、「賭け事」の何が問題なのだろうか。 その問題... Continue reading
先に取り上げた「自己愛トラウマ」が文字通り「トラウマ」、つまり「心的外傷」であるとすると、臨床現場で... Continue reading
前回の文章は言葉足らずだった。一度にいろいろ盛り込みすぎてわかりにくい文章になってしまった。もっとた... Continue reading
岡野憲一郎著『恥と「自己愛トラウマ」』を読んだ。この本の分量だけ見れば小著であるが、内容的には実に大... Continue reading
「心を診る」医者として、実名でブログを書きながら、ためらうことが度々ある。自分の書いたことが、患者さ... Continue reading
日々、いろいろ気になるニュースがある。 中日新聞記事によると、岐阜県は、美濃加茂市のソニー工場が撤退... Continue reading
日頃の診療の中で、代替医療についてしばしば尋ねられる。「『命の母』飲んでもいいですか」「鍼を受けた方... Continue reading
この1年余、メルマガなるものを書き続け、ブログの方は長らく更新できずにいた。日頃、他人のブログどころ... Continue reading
自慢にはならないが、私は、流行語に無知だ。少し前だが、「どや顔」という言葉を聞いて、「ドヤ街の顔」を... Continue reading
少し前のことだが、テレビを見ていたら、名古屋市長が子どものような屈託のない笑顔で模擬駅長になって先導... Continue reading
最近、「戦略的」という言葉があまりに多用されているように思う。外交関係では「◯◯国と戦略的互恵関係を... Continue reading
 良書である。いろいろな意味で良書である。昨今は「サイコバブル」とも言われ、我々精神科医や精神科ソー... Continue reading