This is キャリア教育デザイナー's Typepad Profile.
Join Typepad and start following キャリア教育デザイナー's activity
Join Now!
Already a member? Sign In
キャリア教育デザイナー
日本国 瀬戸内海 周防大島(山口県大島郡周防大島町神浦63)
僕の子どもたちが大人になっている2030年には、「周防大島のどのムラにも、子どもたちの笑い声が聞こえて来るために。」を実現させるために生きている。
Interests: 素潜り漁、筋トレ、サッカー、料理、島おこし
Recent Activity
小中学生の起業合宿を経て、子どもたちで本当に起業できるのかを、子どもたちで再考しました。 Continue reading
周防大島町立久賀中学校「環境文化部」にてWebデザイン学習を10時間程度行いました。3チームのWebサイトを制作しましたのでご紹介します。 Continue reading
三日間の小中学生の起業合宿に、スペシャルメンターとして応援、そしてご指導いただたみなさまをご紹介させていただきます。 Continue reading
Image
これにて、日本初、小中学生の起業合宿は修了です。最後に、子どもたちから学ばせてもらった大切な言葉を紹介します。それは、「コドモだって仕事したい。」という言葉です。この言葉は、株式会社コドナオレンジのキャッチフレーズで、考えたのは理紗ちゃんです。 働いた経験がほとんどない子どもたちは、仕事って何だろう。楽しいのかな、大変なのかな。お給料はどれくらいもらえるのかなと、仕事にすごく感心を持っています。けれど、高校や大学等を卒業して、働き出す頃になると、仕事は生きていく、暮らしていくための手段や義務のようになる若者の方が多いのではないでしょうか。 「仕事は社会を良くするための冒険」であり、“ジブンの仕事で世界をワクワクさせる!”と意気込み、働く若者を日本に増やしたいのです。2030年以降のAI社会では、誰にでもできる仕事は、人間の仕事ではなくなると考えています。人間の仕事とは、ジブンにしかできない仕事なのです。 ジブンの仕事をつくるために勉強をしています。ジブンだからこそできる、この地域だからこそできる、この国だからこそできる。という仕事こそが“人間”の仕事になると思っています。 地域をベースにAI社会で活躍するための教育の普及を、これから加速させます!ご共感いただけるみなさまと、ムーブメントを起こしたいと思います。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 Continue reading
Image
【Day2】Startup Kids Camp 〜小中学生の起業合宿2017 in ALOHA Suo-Oshima〜 起業アイデアづくり 公式ワークブックの起業プランニングについて、子どもたちに講義をしてから、起業アイデアづくりを行いました。りさチームは、摘果される青みかんの商品化。げんじチームは、瀬戸内のハワイ「セトハワ」というネーミングで、ハワイ ✕ 周防大島の商品を考えました。どちらの起業アイデアも、まだ周防大島にはない商品です。ここから、更に具体的な起業プランへと磨いていきます! Continue reading
Image
【Day1】Startup Kids Camp 〜小中学生の起業合宿2017 in ALOHA Suo-Oshima〜 地域をベースにAI社会で活躍できる起業家精神を磨くための、日本初、小中学生の起業合宿「Startup Kids Camp」を、ALOHA Suo-Oshimaにて開催しました! この起業合宿を実現できたのは、90人のクラウドファンディングサポーターのみなさま、現地でご指導いただいた10人のスペシャルメンターのみなさま、SUPインストラクターとBBQインストラクターのおかげです。感謝が尽きません! 妻と母にも支えられ起業合宿を無事に終えることができました。そして、趣旨をご理解いただいている保護者のみなさまと、子どもたちの起業家精神が原動力です!異学年クラスから生まれる子どもたちの豊かな発想、チームワーク、プレゼンテーション能力、そして笑顔。ここに、未来の学校のヒントがあると感じています。 子どもたちは小学校3年生〜中学校2年生の男女で、周防大島、山口県、広島県、福岡県から合計8名が参加しました。三日間のスケジュールはこのような内容です。 Continue reading
Image
小中学生の起業合宿2017「Startup Kids Camp」の参加者募集を本日より開始いたします! 株式会社ジブンノオトのキャリア教育キャンプとして進化させた、日本初の小中学生の起業合宿です。 2030年までにコンピューターの演算能力が1,000倍になる事で、AI(人工知能)社会が到来し、仕事が大きく変化すると言われています。 これから大人になる子どもたちには、AIを活用し新たな仕事をつくり出す起業家精神が求められるようになるのです。 起業家精神と同時に、3つの大切な力を育みます。 (1)Will(意志) (2)Team work(仲間と力を合わせる) (3)Presentation(相手の心を動かす) 学びの舞台は、私が生まれ育った山口県周防大島町伊保田という瀬戸内の小さな集落です。二泊三日、初めて出会う子どもたちや大人と人間関係をつくりながら、伊保田という集落をベースに起業プランをチーム毎につくり、最終日に、島内外の起業家たちへ、iPadを活用しプレゼンテーションします! Continue reading
Image
ハワイ風あんぱん“ココパン”が周防大島に日本初登場です!ココパン(KOKO-PAN)は、ハワイ島の日系人たちがつくった、ココナッツ入りのハワイ風あんぱんです。ハワイのロコフード“ココパン”は、なぜ、周防大島に日本初登場なのでしょうか? それは、周防大島は明治時代に約4,000人、ハワイに官約移民を輩出している、歴史と文化がハワイとつながっている島だからです Continue reading
Image
「教育から島おこし」を合言葉に、株式会社ジブンノオトを設立してから3年5ヶ月が経ちました。教育を起点に日本の教育をどうにかしたいと願う多くの方々とご縁をいただき、応援と協力をいただき、どうにかスモールビジネスとして成り立ちつつあります。 そして、ここからステージアップするために、子どもたちの起業家精神を育むキャリア教育=「起業家教育」プログラムを開発し、小中学生の起業合宿を7月に開催します。合宿後には、小中学生たちが経営する株式会社も設立したいと考えています。 これから、AI(人工知能)・ロボットが進化する事で、人間の仕事の一部を代替できるようになると言われていますし、代替されない仕事も、働き方そのものが大きく変化すると思います。 このような、未来の働き方を体験し経験値にする事のできる合宿プログラムの応援を、クラウドファンディング(JTB✕Readyfor)にて「小中学生の起業合宿」の支援者を募集しています! 「子どもたちの起業家精神が100年続くふるさとをつくり、日本の未来をつくる」と信じています。小中学生の起業合宿で、子どもたちの起業家精神を育み、よりよい未来をつくるために、みなさまのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。 Continue reading
Image
武田館長とのご縁から、エデュパーク「プレゼングランプリ2016」の特別審査員を仰せつかり大役を果たす事ができました。当日は早朝からトレーニングを行い、ANAクラウンプラザホテル広島のFlower-lightingARTを眺めながらのブレックファストで、タンパク質などエネルギーを充填し審査に備えました... Continue reading
Image
周防大島のわが家のみかん山にて、わだもりプレゼン塾の体験学習「みかんQUEST」を開催しました。防府市や周南市等から4家族10名のみなさんに参加していただきました。みかん収穫を通じた体験を基に、「全国の子どもたちが遊びに来たくなるみかん山にするには?」というお題を二チームに分かれプランニングしプレゼンテーションを行いました。 Continue reading
Image
日本技術士会九州本部北九州地区支部の公開シンポジウムにて「教育の視点からみる地域振興」というテーマで、講師を務めさせていただきました。 技術士会の研修会テーマで、「教育の視点からみる地域振興」というのは新しいな、画期的だなと驚くとともに、先見性を感じました。 Continue reading
Image
山口経済同友会(周南地区)にて、「地方創生✕教育」というテーマで講演の講師を務めさせていただきました。山口県を代表する企業経営者のみなさまへ、周防大島町で取り組んでいる起業家教育と、教育ビジネスについて地方創生の観点からお話しをさせていただきました。 Continue reading
Image
昨日から一泊二日で、愛媛県西予市「西予開成塾」にて講師を勤めさせていただきました。昨晩はおとな編、今朝からはこども編でした。この塾は、西予市と愛媛大学COCが連携し立ち上がった「異能人材を育てるスーパーキャリア教育」なのです!このコンセプトを拝見した時に驚きを越え感動しました。愛媛大学の坂本世津夫先生ご自身の構想を実現するために、西予市で暮らしながら実践されている姿に、この方は本物の先生だなと感銘を受けました。 Continue reading
Image
「大野家のみかん山が、教室です。」 秋深まる周防大島で「みかんQUEST(クエスト)」を、12月23日(祝)に開催します。教室は、僕が生まれ育った大野家のみかん山です。みかんQUESTとは、みかん狩り体験とプレゼンテーション学習を融合した、問題発見・解決能力を育む体験学習です。 近い将来訪れる「AI(人工知能)社会」において、人間だからこそできる仕事は何かを考えた時に、現場(みかん山)での体験から問題を発見し解決策を企画しプレゼンテーションする。そして相手の心を動かす。このような能力は、10年程度ではAI(人工知能)が代替できるとは思えません。 このような問題発見・解決能力を子どもの頃から意識的に育む事は、きっと夢を実現する力になるはずです。島だからこそできる、みかんの季節だからこそできる、新しい学びの世界へご来島いただければ幸いです。詳しくは以下をご覧ください。お申し込み等はこちらです。 みかん山でお会いできるのを楽しみにしています! Continue reading
Image
平成28年度は、文部科学省「小・中学校等における起業体験推進事業」に小中高連携で採択されモデル校となっています。 平成24年度から開始した、周防大島町立東和中学校2年生たちが取り組むアントレプレナーシップ(起業家精神)を育むキャリア教育を読売新聞(山口面)に掲載して頂きました。 この、アントレプレナーシップ(起業家精神)を育むキャリア教育は、総合的な学習の時間の中で「アントレ」というプログラム名にて実施されています。総合的な学習の時間は年間70時間あるのですが、その内の25時間程度を活用した実践型の授業です。教育課程の中に導入されているので、先生方や校長先生がご異動されても、その年度の先生の個性で進化しながら続ける事ができています。 Continue reading
Image
瀬戸内海の周防大島にある瀬戸内ジャムズガーデンが、ジャム屋をハブにして島ごとテーマパーク化する「ジャムのあるくらし研究所」を社内に設立します! 「ジャムのあるくらし研究所」のブランド・プランナーとなり、松嶋社長とブランドについて語り合いながら、変革期の瀬戸内ジャムズガーデンを次のステージにUPする。少量多品種でヴィンテージ発想のジャムづくりを通じた「地域ブランド」づくりという仕事をしてみませんか? これまでは、都市部の企業や大企業でブランド・プランナー(マーケター等も)として活躍して来た方が多いかもしれませんが、これからは、地域や島のベンチャー企業にこそブランド・プランナーが必要だと信じています。日本での新しい働き方を、あなたとつくりたい。コーディネート役の大野も全力でサポートさせていただきます。周防大島で会える時を楽しみにしています! Continue reading
Image
今年で3回目、親子キャリアラボ主催(代表 奥貴美子)のサマーキャリアスクール2016「自己理解QUEST」in ALOHA Suo-Oshimaを開催しました!ベースキャンプはハワイ移民の歴史を誇るアロハオレンジです。サマーキャリアスクールとは、小学生・中学生を対象としたキャリア教育合宿です。今年は「自己理解QUEST」というフィールドワークを核に、チームでMissionをクリアしながら自分らしさに気づく事を目指しました。近未来に訪れる、AI(人工知能)との共生社会では、以下の3つの力が更に重要になると考えています。 (1) 自分を探求し続けられる「自己理解力」 (2) 自分の思いを伝えられる「プレゼンテーション力」 (3) チームで協働し行動できる「チームワーク力」 この3つの能力を育む、大切さに気づくための三日間が熱く、楽しく、感動的に繰り広げられました。 Continue reading