This is 小林 昭彦's Typepad Profile.
Join Typepad and start following 小林 昭彦's activity
Join Now!
Already a member? Sign In
小林 昭彦
秋葉原 小林歯科クリニック(審美歯科・インプラント)院長。
Interests: ペット:犬
Recent Activity
ご登録いただきますと、無料でさらに詳しいインプラント診療の説明が閲覧できます。 メンバー登録 Continue reading
Posted Jan 28, 2010 at インプラント ブログ
上顎臼歯部は、従来からインプラント治療の成功率が、低い部位とされてきました。これは、この上顎臼歯部の骨が一般に軟らかく初期固定が困難であること、さらに、上方に上顎洞(じょうがくどう:副鼻腔とも呼ばれま... Continue reading
Posted Jan 24, 2010 at インプラント ブログ
Image
軟組織(歯肉)は、硬組織(骨)によって裏打ちされています。 ソファーの上のカバーが何か膨らんでいますね。 なんだ、ワンちゃんが潜っていたのですね。 つまり、カバー(歯肉)が膨らんでいたりへこんでいると... Continue reading
Posted Jan 23, 2010 at インプラント ブログ
下あご奥歯のインプラント埋入後の下顎神経麻痺と術前のリスク説明の重要性。 Continue reading
Posted Nov 3, 2009 at インプラント ブログ
Image
 審美性を重視したジルコニア製インプラントの患者さんへの使用を考える前に、30歳代40歳代の歯科医が未経験の本邦における歯科インプラントについての負の歴史について触れさせていただきます。 今まで、歯科... Continue reading
Posted Aug 30, 2009 at インプラント ブログ
歯周病であれ虫歯であれ、ある歯を保存抜するか抜歯するかの基準は、何を第1優先として残すべきか、各患者さんごとの口腔状態、医療技術の進化と各歯科医師の裁量権、医療保険制度、歯科医療機関の充足率、経済状況... Continue reading
Posted Aug 29, 2009 at インプラント ブログ
感染性の抜歯原因があれば、前回説明したように抜歯当日や直後のインプラント埋入はできませんから、一定程度、手術時期を遅らせる必要があります。 抜歯後、2,3か月以内が骨造成能(生体が自ら骨を作ろうとする... Continue reading
Posted Aug 29, 2009 at インプラント ブログ
花子さんの通院中の先生は、何が理由でこの奥歯を抜くと説明してくれたのでしょうか。 感染性の病気:大きな虫歯、根尖病巣、歯周病、膿瘍等が原因ですと、抜歯後、感染した不良な歯肉を良く掻爬・洗浄してもらいま... Continue reading
Posted Aug 29, 2009 at インプラント ブログ
このブログは、歯科インプラントに関する事柄を小林が思いついた時に書き留めたもので、下に行くほど古くなります。御意見ご質問をお待ち致しております。 歯を失った患者さんは、発音・咀嚼・顔貌などに不安や不満... Continue reading
Posted Aug 29, 2009 at インプラント ブログ