This is museindia's Typepad Profile.
Join Typepad and start following museindia's activity
Join Now!
Already a member? Sign In
museindia
INDIA
Recent Activity
Image
福岡タワーのすぐそばに、静かに鎮座するインドの神々。彼らの存在を知ったのは、2008年。福岡タワーに隣接するRKB放送を訪れたときのことだ。当時、折に触れて『中西一清のスタミナラジオ』にラジオ出演をし、インドをレポートしていた。このときは、中西さんはじめ、お世話になっている関係者各位にお会いすべく、... Continue reading
Image
一昨日、火曜日は、またしても終日、家の片付けなど。あっという間に、1日が終わる。 好天だった昨日は、これ幸いと、百道(ももち)浜界隈へ。目的地は「福岡市博物館」。バブル経済時代の1989年、福岡市の市政100周年に開催された「アジア太平洋博覧会(よかトピア)」に合わせ、会場内のテーマ館として建てられ... Continue reading
Image
昨日は博多駅界隈へ赴いた。昔は、買い物といえば「天神」で、博多駅に行くことはほとんどなかった。しかし、2011年に九州新幹線が開業したのに伴い、JR博多シティや博多阪急が誕生してからは、一時帰国のたびに立ち寄るようになった。なかなかに買い物をしやすい空間が広がっているのだ。 さらには現在、『博多コネ... Continue reading
Image
「心字池にかかる 三つの赤い橋は、一つ目が過去で 二つ目が、今。 三つ目の橋で君が転びそうになった時、初めて君の手に触れた 僕の指」(『飛梅』by さだまさし) 傘を片手に、過去を振り返らず、現在を踏みしめ、未来をゆっくり越える。 その先に、菖蒲池があった。あじさいだけでなく、菩提樹の花も、菖蒲の花... Continue reading
Image
日本滞在10日目の土曜日は、終日、実家の大掃除をしていた。インドでも、日本でも、こんなことばかりしている気がする。片付けるのが好きなわけではないのだが、散らかっているのが嫌い。片付けたあとの達成感と心の平穏が好き。というわけで、片付けることになる。 先日も記した通り、週に一度はダスキンさんに来てもら... Continue reading
Image
2012年6月1日。ミューズ・クリエイションは活動を開始した。ちょうど10年前の今ごろのことだ。 縁あってバンガロールに暮らしていた日本の人たち、のべ228名のメンバーと、数え切れないほどたくさんの、多様な活動を続けてきた。本来であれば、元メンバーの多い名古屋や東京で、大規模な10周年記念同窓会でも... Continue reading
Image
終の住処を、海なきデカン高原に定めたのは何の因果か。こどものころから、海が好きなのに。 福岡も、下関も、東京も、ニューヨークも、ワシントンD.C.も、ベイエリアも、ムンバイも、海が近かったのに。 ゆえに、せめてもの思いで、バンガロールでは、空の港の近くに居を構えた。 母と妹とで、かつては「福間」だっ... Continue reading
Image
香椎潟、千早の里は、 緑濃き森のやしろよ…… (千早小学校の校歌) 白雲うつる 香椎潟 千古の波は 陽に映えて…… (香椎高校の校歌) 🌊 昨日、「ガーデンズ千早」で高橋彦太郎氏と再会を約束して別れたあと、母校の千早小学校、そして1年の2学期まで通った香椎第一中学校を眺めつつ、香椎宮参道を歩く。 わ... Continue reading
Image
妹が運転する車で、母と3人、佐賀県鳥栖市の霊園へ。 生前、父が、自分の父親(つまりわたしの祖父)のために建てた立派なお墓。しかし、諸事情があり、わたしは久しく訪れる機会がなかった。最後に訪れたのは、20年以上前のことだ。 日本社会の少子化に伴って「墓じまい」の傾向が進んでいる昨今。紆余曲折を経て、守... Continue reading
Image
The first photo. I am eating "Ujikintoki," a uniquely Japanese sweet. Coincidentally, it is wonderfully color-coordinated with the blouse I bought in ... Continue reading
Image
✈︎……And at long last, I am free to go out from tomorrow. I have also completed my application for a shortened quarantine period. I visited the clinic ... Continue reading
Image
わたしは、折に触れて、インドのアーユルヴェーダの処方に基づいたものなど、各種自然派のコスメティクスを紹介してきた。ゆえに、「スキンケアも入念な美意識の高い女性✨」と思われそうだが、さにあらず。昔から、大雑把かつ、短時間。スキンケアもお風呂も、とっととすませる。 洗顔も身体も、同じ石鹸を使用。洗顔後は... Continue reading
Image
Finally, I arrived in Fukuoka, my hometown. It was a long journey indeed. 今朝、和風な朝食をすませたあと、ホテルをチェックアウト。風雨激しい成田空港を発ち、昼過ぎに快晴の福岡に到着した。迎えにきてくれた妹の車で、無事、実家に到... Continue reading
Image
無事、日本上陸を果たした。諸々、書きたいことは募れども、今日のところは寝る! 上の写真は、たまたま同じ便に搭乗していた、本帰国の木幡氏。 ミューズ・クリエイションでも、九州沖縄県人会でも関わりの多かった彼とは、最後まで偶然のご縁があった。生まれ故郷が同じ熊本県荒尾市だからだろうか。 PCR検査が長引... Continue reading
Image
(日本語は下部にあります) While the house is still unfinished, we stayed one night yesterday. The purpose was also to find out what is wrong with the house. For m... Continue reading
Image
わたしは、「常に前倒し」のスケジューリングで進める性分なのだが、インドの環境は、あっさりとそれを妨げる。自分に心地よい時間の感覚とは、大幅に異なるインドにおいて、よく生活できているなと、つくづく思う。 2年半ぶりの一時帰国を前にして、諸々がギリギリのタイミング。新居の内装は「7割程度」しか終わってい... Continue reading
Image
DASTKARのバザールと同様、インド各地の手工芸職人たちを招聘しての展示即売会。これまで、ブログや動画でもしばしば紹介してきた。 今回もしっかり記録しておきたいところだが、今日はこれから外出につき、備忘録として写真を残す。 昨日はアカシア材の食器のほか、職人青年のオリジナリティあふれる作品を購入し... Continue reading
Image
今回は、福岡に帰省すること以外、全く予定を入れていない。 万一、出国前のPCR検査で陽性になったら出発を延期せねばならないし、入国後の検査にしても然り。 成田到着後は空港付近のホテルに1泊し、翌朝、福岡へ飛ぶ。 無事に到着したあとで、予定を立てるつもりだ。 多分、福岡に2週間余り。その後、終盤に東京... Continue reading
Image
COVID-19に翻弄される日々が始まって2年余り。地球上のさまざまな歯車が、外れたり、転げ落ちたり。 未曾有の出来事に、翻弄されてきた人間。そんな中で「LIFE」に対する考え方、価値観が、大きく変容した人も少なくないだろう。わたしもまた、その一人だ。そんな精神の過渡期において、新たなLIFEの拠点... Continue reading
Image
曇天続きのバンガロールだったが、折に触れての晴れ間も見られ、過ごしやすい日々だった。詰め込みすぎず、しかし、みほ先輩の「ポイントを抑えた」コーディネートによって、眞代さんも有意義な滞在ができたのではないかと思う。 仕事でもなく、家族でもなく、旧知の友というわけでもない間柄ながら、こんなふうに毎日遊ぶ... Continue reading
Image
8泊9日のマルハン家滞在を経て、本日早朝、眞代さんはムンバイへ飛んだ。初対面ながらも「故郷から姪が遊びに来た」ような塩梅で、わたしも夫も、違和感なく楽しい日々だった。彼女が福岡出身と知った夫は、あたかも自分までもが同郷人であるかのような、うれしそうな反応を見せていた。 新居準備の諸々が佳境であるのに... Continue reading