This is Nobutarou's Typepad Profile.
Join Typepad and start following Nobutarou's activity
Join Now!
Already a member? Sign In
Nobutarou
Recent Activity
私はマスクに効果がある、なしの議論は意味ないなと思ってます。 私がグーグル等で調べた認識では、マスクについて定量的どれくらい効果があると言い切れる研究はされたことが無く、効果は未定だという認識です。 https://cis.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=60&item_no=1&page_id=13&block_id=21 9割以上の市民が公共の場でマスクをしてる時の感染症の広がり方の研究なんてないのではないでしょうか?また、2m離れるも同様で、市民が2m離れて生活したときの感染症の広がり方の研究なんてないのではないでしょうか?飛沫を少なくする、飛ぶ範囲にいなくなる、という物理的なことは当たり前なので、何らかの効果はあるだろうけど、どれくらいかわからない、というのが現在の科学ではないでしょうか? となると、物事をどう選択するかとなると、効果が無かったのにしてしまっているときのデメリットと、効果があるのにやってなかったデメリットの、小さい方を取る、という、おそらく、学問よりも麻雀に近い選択をするのが合理的だと思ってます。 なので、私は春のうちはマスクをしてました。もともと花粉症だし。最近は外では外すことが多いです。暑くてたまらないから。距離も可能な限りは取りますが、そこに行かないと自分の用が足せないなら行きます。そんな風に、レジのビニールシートや飲食店の仕切りなども、デメリットが少ないことはやったら良いと思っています。
Toggle Commented Jun 28, 2020 on マスクについて at 楽園はこちら側
超過について、 今年もインフルエンザは2月くらいまで流行しました。 https://www.mhlw.go.jp/content/000620714.pdf 上が全国の流行なので迅速把握も全国に近そうな 21大都市で見ると https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-m/2112-idsc/jinsoku/1847-flu-jinsoku-2.html 超過は一月までということで、普通に見えます。 東京単独のインフル流行を示す情報を知らないので、東京の超過については全く分かりません。
寝ようとしてたらなんだか今日本で起きてることにちぐはぐさに、もやもやしてきました。 * 治療が最優先だから、治療に不要な検査はしない(いろいろ変な話は聞くが) * この手の観測がされてないから、全体像が分からない。桁数すら分からない。 * 定期的に桁数くらいは観測しとかないと、指数関数で表現される SIR やその派生種のパラメータ同定はろくすっぽできないはずである。数式の I は無自覚、検査済、未検査だけど自覚ありの感染者を区別できない。(ちなみに y'=y型の解は指数関数なので、「指数関数的な増加が危険」と言われるとやはりもやもやする) * ろくに同定できてないはずの数理モデルを参考にしたロックダウン目標。たしか総理は 7割以上減と言っていた。 なんだかなーと思います。
Toggle Commented Apr 23, 2020 on 慶応のPCR6%の意味 at 楽園はこちら側
別の見方もあります。その悪いシナリオでは 23万人が感染して、81人がお亡くなりになっています。死亡率 0.04% です。良いシナリオでは 430 万人が感染していていますので 0.002% です。 実は医学の素人なりに、コロナ感染者数を推測してみようと考えてみたことがあります。インフルが減ってる分からコロナ感染者数が推計できるかなと思ったのですが、私は計算できるだけのデータが集められず断念しました。 https://www.pnas.org/content/116/52/27142
Toggle Commented Apr 22, 2020 on 慶応のPCR6%の意味 at 楽園はこちら側
出すべきは結果だけなので、詭弁でもなんでも良いのですが、そもそも求めてる結果に説明が無いのです。例えば岩田さんや西浦さんは、収束させることを求めて、ロックダウンや八割減を表明しました。なのでこちらは、求める結果に対する賛否や、途中の考え方や出てきた数値を自分なりに判断、評価することができます。一方で政策を決める側からは、何を結果に求めてるのか説明が無いのです。どの程度の経済の停滞を許容して、どの程度疫病の被害を許容して決めた政策なのか全く分からないので、何一つ評価することすらできないのです。例えば人口130万人、累計感染者200人、昨日一昨日と2人、3人の感染者発覚という我が市では、全ての小学校は5が初旬まで休校で、まるで感染ゼロを求めてるようにみえますが、もちろん数値目標などどこにもないのです。日本中の政策が、なんとなくの空気で行われてるような気がしてます。
日本版ロックダウンと言える(というか憲法上ここまでしかできない)緊急事態宣言が出ましたが、個人的にはいろいろ不満を感じてます。やれ、やるなということではありません。不満を最も感じているのは、 「このペースで感染拡大が続けば、2週間後には1万人、1カ月後には8万人を超えることとなります。しかし専門家の試算では、私たち全員が努力を重ね、人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができます。」 という専門家の試算式がまったく公開されてないし、それに対する医学会からの批判もないし、公開されてないから誰も精査できないところです。まさに、先生が「事実に誠意を」で述べてたご神託扱いになってしまっているように、部外者からは見えます(どなたの試算式だったのかは知りませんが)。 もっと医療関係者は議論を公にしてほしいと切に願います。
Nobutarou is now following TypePad チーム
Apr 8, 2020