This is 内藤 俊太's Typepad Profile.
Join Typepad and start following 内藤 俊太's activity
Join Now!
Already a member? Sign In
内藤 俊太
Recent Activity
岩田先生のご指摘 『そして、少数のクラスターを見つけ、封じ込めることで日本は3月下旬まで非常に上手に感染対策をし続けました。』 『3月下旬から、特に東京でクラスター追跡では追いつけない感染者が見つかるようになりました。検査抑制、クラスター追跡という「後から追っかける」方法では間に合わなくなるのです。そのため、日本は「緊急事態宣言」という「先回りする」方法を選択せざるを得なくなりました。』 横軸を日付、縦軸を新規感染者数としたとき、上記岩田先生のご指摘は、横軸を「陽性確認の日付」としたときのグラフに対応しているように思います。 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/senmonkakaigi/sidai_r020501_1.pdf 専門家会議の「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年5月1日)の https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/senmonkakaigi/sidai_r020501_1.pdf#page=2 (全国)図1の左側 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/senmonkakaigi/sidai_r020501_1.pdf#page=3 (東京都)図2の左側 の図です。3月下旬まではじわじわと増加するにとどまっていましたが、3月下旬からは急激な増加に転じています。 しかし、横軸を「感染日」とすると、全く別の光景が見えてきます。下のグラフで、各患者の「感染日」をどのような手法で推定したのかは知りたいところですが。 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/senmonkakaigi/sidai_r020501_1.pdf#page=3 (全国)図3 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/senmonkakaigi/sidai_r020501_1.pdf#page=4 (東京都)図4 新規感染者数(感染日)は、3月初めから3月下旬にかけて、急速に増加します。実効再生産数は2を超えていました。必死でクラスター追跡を行っていたにもかかわらず、です。 それが、3月末に突然増加が止まり、逆に急激に新規感染者数が減少し始めたのです。 私が知りたいのは、 (1)横軸を感染日とした上記グラフは、本当に真の姿を現しているのか。 (2)3月中も4月も、クラスター対策は同じように努力していたのに、なぜ3月中は急激に新規感染者数が増大し、4月になると急減したのか。 (3)3月中の急拡大、4月になっての急減少に、クラスター対策以外の要因があったとすると、その要因は何なのか。 クラスター対策はもちろん必要だったでしょうが、3月中の新規感染者数の急拡大を抑止するだけの力はありませんでした。 それでは、3月末に、新規感染者数はなぜ急拡大から急減少へと転換したのでしょうか。私には、「国民が生活を変化させたからだ」しか思い当たりません。3月3連休の後、小池都知事が態度を豹変させて危機を煽り、志村けんさんの死亡が報じられました。 その結果として新規感染者数(感染日ベース)は急減に転じ、4月7日の緊急事態宣言発出の時点では、感染者数はピーク時(3月25日頃)の半分以下となっています。 以上について、ぜひ岩田先生のご見解を承りたいと存じます。
新型コロナPCRの感度は、権威ある雑誌で70%とのことです。 ダイヤモンドプリンセスで、陽性者は700人前後でした。感度が70%とすると、実は感染者が千人いて、そのうちの300人は偽陰性だった、ということになります。しかし、検査陰性で帰宅した人たちの中で、のちに陽性だと判明した人数は7人と聞いています。このデータが正しいとすると、感度は99%であることになります。権威ある雑誌と、ダイヤモンドプリンセスでの実績との乖離をどのように理解したら良いのでしょうか。 特異度も同様です。武漢からの帰国チャーター便で陽性者の比率は1~2%でした。このすべてが偽陽性だとしても、特異度は98~99%となり、権威ある数値と相違します。 われわれはどの数値に信頼を置けば良いのか、ぜひ教えてください。
Toggle Commented Jun 24, 2020 on 検査について at 楽園はこちら側
内藤 俊太 is now following TypePad チーム
Jun 24, 2020