This is Fidajapanissa's Typepad Profile.
Join Typepad and start following Fidajapanissa's activity
Join Now!
Already a member? Sign In
Fidajapanissa
Recent Activity
多読チャレンジ「D. SFあるいはファンタジー」カテゴリーの一冊として読みました。 メッセージは確かに今となってはありきたりだし、わくわくどきどきするようなストーリー展開もないけど、すごく楽しめました。読み出すとなぜかどっぷりと話の中に入り込んでしまう不思議な話でした。英語が簡単だったから情景が描きやすかったからなのかもしれませんが、映画にしたら登場人物はあの人だなとか、この場面で吹いている風は旅行で行ったあの場所で吹いた風ときっと同じに違いないっとかそんなことを考えながら読みました。 ちょっと苦笑したのはAunt BeastとMegのやり取りです。「見える」を説明するMegの的のはずし方は、まるで外国人に何かを説明しているときの自分の姿のようで笑えました。 それと、今ふと思ったこと。私は a dark and windy night に一人っきりで読んだのですが、これおすすめかもしれません。そのおかげで最初の一文 'It was a dark and stormy night.' からお話に入り込めた気がしてきました。
多読チャレンジの「B. ノンフィクション/ビジネス書」カテゴリの一冊に選びました。 著者の体験から農作物や家畜がどのように生産されているのかを知ることが出来て面白かったです。また、全編を通じて、有機農業が良いという前提はあるものの大絶賛しているわけではないのも良かったです。最後まで読み通せた理由のひとつかなと思います。 非常に興味深かったのはやはり有機農業を行っている農場での体験です。たとえば、屠殺について精神論を語る文章はネットでもよくあります。でも、実際の手順を淡々と書くことで屠殺の意味を明確に説明した文章に出会ったことはないです。 個人的には有機農法で育てられた鶏肉のバクテリアの数はスーパーで売られているものより少ないという話にも興味を覚えました。肉に少ないということは卵にも少ないと期待してもいいのでしょうか。卵かけご飯が好きなのですが^^;、生食用の卵を生産しているところでは殺菌に非常に気を使っていて薬品を使うことも少なくないと聞いたことがあったので、有機農法でも細菌は減らせるというデータが出てきたらいいなあと思いました。 内容ではなく気になった点が二点ほどあったので書きます。 ・Kindle版で読んだのですがなぜか図が拡大できませんでした。図はiPhoneで見ました。 ・The Omnivores' Solution: Some Tips for Eatingの章で単語を区切るスペースがなくなってしまっている部分がいくつかありました。
やりま〜す!普段ミステリーしか読まないので、全部児童書になってしまうかもしれませんが(汗)、参加します。
Fidajapanissa is now following TypePad チーム
Sep 30, 2010