This is Hiyori13's Typepad Profile.
Join Typepad and start following Hiyori13's activity
Join Now!
Already a member? Sign In
Hiyori13
Recent Activity
>予想インフレ率がプラスに転じるかどうかは、市場の合理性の問題で >はなく、市場の心理の問題なんです。あの岩田規久男さんですら、こ >れは市場心理の問題だと説明しています。 なるほど。 この記述がおそらく、もとの文の大きな難点を示していると思います。 この文章は、「心理」なるものが、合理性とはまったく関係なく 決まってくるかのように書かれています。どっちにどう転ぶか わからない、外生的な「市場心理」なるものがあるというわけ ですね。 ですから当初の文でも「みんなが上がると思えば上がる」という 話だけで事足れりとして、「ではなぜみんな上がると思うんで すか」という質問には、特に答えなくていいと思うんですね。 やっとお考えがわかりました。 が、市場心理は外生的に決まるものではありません。みんなある程度 合理的に考えようとして、その結果として市場心理は決まるのです。 別に合理的期待形成を持ちだそうというのではありませんが、人は 最善の予測をして、それをもとに行動を決めるんです。 もちろん、合成の誤謬その他個人個人の合理性が全体の合理性につ ながらない場合はあります。また市場なんてそこまで合理的じゃねーよ というのも事実。ケインズや「アニマルスピリット」訳してる身です から、不合理な市場心理があるのは十分承知です。が、それは 完全にランダムでもないのです。 ですから、岩田の発言を、何か合理性とまったく離れたところに 「市場心理」なるものがランダムにうごめいているように受け取る なら、それはまちがっています。 もしそうでないなら、市場心理が「景気 and/or 物価が上向く」と 思う合理的な理由を考えなくてはいけないんです。それはたとえば、過去の資金供給と物価上昇の相関だったり、理論的な裏付けだったりするでしょう。 ですから >「なんちゃってリフレ派」の人達は、市場合理性と市場心理の >違いが理解できずに、日銀のメッセージを受けた市場が合理的に >予想インフレ率をプラスに転じると勘違いしてしまっているん >ですね。 という物言いは、ぼくはナンセンスだと思いますよ。消費増税に 市場が景気改善の予想をしなかったのは、ぼくは合理的な予想に 基づく市場心理のせいだと思います。デフレ下で投資家が株式市場 からの投資を手控えたのも、合理的な予想に基づく市場心理の結果 です。そして、インフレ実現による景気回復も、各種手法による インフレ実現も、「市場心理」くんはサイコロを投げてどう判断する か決めているのではありません。「なんちゃってリフレ派」の諸氏は その意味で何もかんちがいしていないと思います。 繰り返しますが、これは別に「なんちゃってリフレ派」諸氏が、 市場心理というものを厳密にスーパー合理的で無謬の存在だと 見なしている、ということではありません。市場はまちがえるし バブルもあるし勢いに流されるしあーだこーだ。でも、まったく 合理性のないランダムな動きしかしないわけではないのです。
>私の中ではしっかりとついています。(中略)「あなたは〇〇を理解していないようですね」 >という類いの人格攻撃はディベートにおけるルール違反なのでやめてください。 理解できていないというのは記事から見える事実です。また知識は人格ではありませんよ。ディベートでは「相手はXXを理解していない」というのはひんぱんに登場しますので、別にルール違反でもありません。 さてこの記事では、なぜ株価は上がるか、というとインフレになると思う投機家が出るから、と述べますね。でも途中でそれが、景気が改善するという見込みにすりかわります。で、なぜインフレだと景気がよくなるとみんなが思うんですか、と尋ねると、それは政府が禁じ手を使うからとか毅然とした態度で景気回復を約束したから、と書かれています。 でも毅然とした態度だの禁じ手だのというだけでは、説明になりません。たとえば前政権は、不退転の決意で、消費増税(というより税率引き上げ)を実施しました。不景気時に増税というのは、経済学的にはまったくの愚行で、禁じ手です。でも政府は、景気回復にそれが必要だと主張して、毅然とそれを実施しました。メディアも日本の経済学者も経団連すらそれを支持しました。でも株価はあがりませんでしたし、景気回復すると思った人もいなかったようです。 つまり、毅然と景気回復を約束した、というだけではみんな、景気回復になるとは思いません。どんな手法でそれをやる(と宣言する)か、またどんな形でそれにコミットするか、というのが重要なわけです。 で、それについては国債買い取りを宣言してインフレ期待を盛り上げるという手法を挙げていますね。これ自体は、ぼくとしてはまったく異論がありません。この手法の有効性について前世紀末からずっと紹介してしてきたんですから。 でも、このコラムはそれを述べた直後に、それを自分で否定します。スーパーインフレ(こういう表現は上のコメントでも指摘されているように一般的ではありません)が起き、日本経済がダメになる可能性がある、と言って。もしそんな危険が本当にあるなら、投資家は逃げ、株価は下がる可能性もあります。ジンバブエの株式市場はそうなり、短期間でまったくトレードがなくなりました。なぜそうならないのでしょうか。それは、日本ではそんなことになる確率がゼロだからなんですが、本稿はそれをきちんと言わず、結局議論が腰砕けになってしまっています。 まとめましょう。本稿の立論は以下のようなQ&Aでまとめられます。 Q1. なぜアベノミクスで何もしてないのに株価が上昇? --> 景気回復の期待が生まれ、企業業績回復があるとみんなが思ったから。 Q2. ではなぜアベノミクスで景気回復の期待がでたのか? --> 景気を回復させると毅然と約束したから。 Q3. でも消費税引き上げだって毅然とした景気回復の約束でしたよね。なぜアベノミクスだけ 効くんですか? --> (これについてはきちんとした説明なし) Q4. じゃあアベノミクスの景気回復手法は? --> 日銀国債買い取りでインフレを起こすと宣言したこと Q5. なぜインフレを起こすと宣言したら景気回復するんですか? --> (これについてはまったく説明なし。) Q6. (だれも何もきいていない) --> でもインフレにするとスーパーインフレ(ハイパーインフレのことですね)になりかねません。日本が破綻しかねません。経済崩壊するかもしれなくて心配です。 Q7. !!!! ええっ??!! 経済崩壊の懸念があるなら、なぜそんな政策で景気回復するとみんな思うんですか? なぜそれで企業業績上がり、株価上昇すると思うんですか? Q1に逆戻りですが、ヘタすると何もしないよりひどい政策じゃないですか、アベノミクスって??!! --> (説明まったくなし) 要するに、Q3, Q5, Q7 に対するちゃんとした説明がないから、このコラムは説明がきちんと完結していないわけですね。そしてこのいずれも、インフレ期待が盛り上がるとなぜ景気が回復するのか(そしてハイパーインフレの経済破綻は起きないのか)というのを説明する必要があります。つまりは、リフレ政策というのにそれなりに妥当性があるのだ、ということを言わないと議論が閉じないわけです。 ところが「私はいわゆる「リフレ派」の人達のやり方に賛成も反対も表明していません。」とのこと。もしそうであるなら、このコラムでやろうとした解説は不十分に終わってしまうでしょう。せっかく期待の役割に注目して、かなりよいところまできているのに残念だな、と思うのです。 では、今後のご健勝をお祈りしております。
株価とインフレと景気との区別がうまくついていないようですね。また、あまりできがよい比喩とは思いませんが、家が焼け落ちるリスクが大きい政策では株価はあがりませんよ。この記事でおやりになろうとしたことをきちんとやるには、かまどに火がつく確率がどれだけで、家全体が炎上する可能性がそれに比べてどのくらい大きいのか、というのをきちんと示すことが必要です。それなしに、扇情的な比喩だけで話を進めるのは無益か、むしろ有害です。想定読者のエンジニア諸賢も、実証的な話のほうが理解してくれるのではありませんか。
なるほど、つまり安部首相の政策は財政規律を揺るがし、スーパーインフレを起こしかねず、財政が悪化し、円安がおき、いずれ国民がツケを払わされるような政策である、とおっしゃるわけですね。 そんなダメな政策であるにもかかわらず、市場がそれを好感して株があがったり、あるいはこのブログに書かれているように世間の多くの人が景気が好転すると思い込んだりしてしまっているのはなぜなのでしょうか。そもそも、インフレにする、と宣言するだけで景気がよくなる(と人々が思う)のはなぜでしょう。 ここに書かれたことはつまり、あなたはアベノミクスに踊っている世間のバカどもや市場より自分のほうが頭がよく、経済政策の帰結をはるかに見通せている、と主張しているのに等しいことです。もしそれが本当に本当であるなら、あなたは大もうけできるチャンスを手にしているわけで、おめでとうございます。もしそうでないなら……あなたのブログ読者たちのためには、もう少し説明する必要があるのではないでしょうか。
これはこれで正しいのですが、ではなぜ安倍首相のやったこと(あるいは言ったこと)で一定数の人が景気回復を信じたのか、ということについての説明が不十分です。景気回復、なんてことは民主党だろうとだれだろうとみんな言ってたわけですから。 みんなが景気がよくなると思えば景気がよくなるのは事実です。でもどうすれば景気がよくなるとみんなが思うのか、安部政権の何が評価されているのか、というのがみなさんの求めているところではないでしょうか。 それとも、安倍首相の言っていることはすべて無内容なまやかしで、バカを踊らせるのに成功しただけだから、そのバカどもが何ゆえに踊ったかなど考える必要はない、とお考えなのでしょうか? 
Hiyori13 is now following TypePad チーム
Mar 19, 2013