This is MichiKaifu's Typepad Profile.
Join Typepad and start following MichiKaifu's activity
Join Now!
Already a member? Sign In
MichiKaifu
Recent Activity
美しい名前ですね。この記事を私の英語ブログ記事に引用させていただきました。http://www.enotechconsulting.com/2012/07/hydrangea-revolution-via-twitter/
楽しそうですね!我が家は亭主が行っているので私は留守番です。 私が行ったことのあるアメリカの展示会でもCESは規模もケタ違いだし、プレスやブロガーの扱いも一番ゆるいかなぁ、と感じます。展示する製品が消費者相手だから、だと思います。「B2B」的なモノを扱う展示会だと、登録のときにものすごくウルサイこと言うところもあります。 でも、やっぱりみんな、立派なビデオカメラ持ってますねぇ・・・私、来月のバルセロナの取材でFlipを持って行こうかと思っていたけれど、それじゃぁやっぱりダメかなぁ・・・ ^^;
1 reply
I am listing the questions from Reiko here: 1. you have such a wonderful voice...would you ever consider voice over work? 2. what is the most difficult part of adjusting to hollywood's approach or attitude towards asian (or japanese) actors? 3. you have worked on big buget blockbuster (RH3 speed racer) films, smaller independent film (merchant ivory, sunshine) and TV. is there a common denominator in western filmmaking, no matter the differences in these projects?? 4. what is the most valuable lesson, or set of production or filming techniques that you have learned from your hollywood experience, that you could take back to share with japan filmmakers and actors? 5. do you ever have the desire (or plan) to return to japanese projects? 6. what is your favorite part of living in los angeles? least favorite? 7. you did such a wonderful job with your lines in LOST. is it becoming easier for you to express yourself, as an actor, in english? (aka: how does it taste, on your tongue now?) (smile)
Toggle Commented Mar 28, 2010 on Any questions to Sanada-san? at Hiroyuki Sanada News
So you are probably Mr. A.H.'s friend? Sorry for the inconvenience. Turns out that the recording is up on their site, so you can watch it. I hope I can meet you at the next occasion.
MichiKaifu is now following The Typepad Team
Mar 15, 2010
確かに、そうかもしれませんね。参加資格のある人は実はいっぱいいるけれど、「核」となる「学堂」が今のところない、というところが違いのような気がずっとしています。米国でも、裾野はともかく、ネット世論を牽引している核は、企業人でなく、アカデミアやジャーナリストやコンサルタントだったりするので、その層の厚さの問題かもしれません。英語圏でいえばTim O'Reillyみたいな、いくつかの核がそろそろ欲しいとずっと思っています。 なので。頑張りましょう。
1 reply
数年前、息子がまだ7-8歳の頃のことですが、ある日バスケットボールのゲームで、大負けしていた息子のチームが、制限時間ギリギリから大逆転したことがありました。あとで聞いてみると、彼は「相手チームをよく観察していたら、一人シュートの上手いやつがいて、そいつにパスを渡す役のヤツもいたんだ。それで、パスを渡す役のヤツを徹底的にマークすることにしたら、相手はポイントできなくなった。」とのたもうたので、驚愕したことがあります。 彼はゲーマーなので、ゲームや相手のクセやパターンを飲み込んで対策するやり方が身についてるのかな、と思った次第。特定ゲームではありませんが、以来「子供のゲーム」を見る目が少々変わりました。 最近では、Halo3をオンラインでチームでやってるので、ますます磨きがかかっているような。
1 reply